【php】ユーザーエージェントを判定してアクセス先を振り分ける

【php】UAを判定し振り分けをします。

phpでユーザーエージェント(UA)を判別し、そのUAによってアクセス先を振り分ける方法です。

$ua=$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
if((strpos($ua,'iPhone')!==false)||(strpos($ua,'iPod')!==false)) {
	//iphone又はipodだったときの処理
	header("Location:./iphone.php");
	exit();
}elseif(strpos($ua,'android')!==false) {
	//androidだったときの処理
	header("Location:./android.php");
	exit();
}else{
	//iphoneでもipadでもandroidでもなかったときの処理
}

$ua=$_SERVER[‘HTTP_USER_AGENT’];
でユーザーエージェントを取得し、そのユーザーエージェントの中に特定のキーワードが存在しているかで判別し振り分けをしています。
UAを見ているので、UAが偽装されているときは正常に動作しません。

スマホとそれ以外を振り分けたい場合は以下のように記述します。

$ua=$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
if((strpos($ua,'iPhone')!==false)||(strpos($ua,'iPod')!==false)||(strpos($ua,'android')!==false)||(strpos($ua,'Windows Phone')!==false)) {

	//スマホだったときの処理
	header("Location:./sp_index.php");
	exit();
}else{
	//スマホ以外だったときの処理
}

関連記事

ピックアップ記事

【php】UAを判定し振り分けをします。

【php】ユーザーエージェントを判定してアクセス先を振り分ける

phpでユーザーエージェント(UA)を判別し、そのUAによってアクセス先を振り分ける方法です。 $ua=$_SERVER['HTTP_…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る