windowsロゴ画面で止まる

windowsロゴ画面で止まる

パソコンが起動しなくなったときは、とにかく落ち着いて情報を収集し対応をする必要があります。
ここではパソコンが起動しなくなったときの対処法を紹介しています。

【windowsロゴ画面で止まる】

  • ○windowsのロゴ画面までしか起動しない。
  • ○またはwindowsロゴ画面で勝手に再起動してしまい、それがループしてしまう。

上記の症状の場合、ハードウェア的な問題と、アプリケーション的な問題とを切り分ける必要があります。
次のチェック項目を確認してみてください。
この症状は、起動できなくなる直前にした行動が原因である可能性が高い障害です。
新しくデバイスを追加してドライバをインストールした後や、アプリケーションをインストールした後などによく起こりえる障害です。
画面の解像度が正しく設定されていない時も発生します。

まずは、問題の切り分けをスムーズに行うために最小構成の状態でもう一度電源の投入をする。
最小構成=”キーボード、マウス、ディスプレイ”
最小構成で起動できた場合は、最小構成にする前に接続していたデバイスが原因の可能性が高いと切り分けることが出来る。
※CD、DVD、またはフロッピー ドライブからメディアを取り出すのも忘れずに。
□NTLDR is missing
NTLDR is missingとは
NTLDRとはOS(windowsなど)を起動するときに最初に読み込まれるファイルの一つです。
まずはCD、DVD、またはフロッピー ドライブにメディアが入っていないことを確認してください。
この問題を解決するには、そのOSに合ったNTLDR、Ntdetect.com、Boot.iniをコピーしてきてあげればいいわけです。
http://support.microsoft.com/kb/318728/ja
http://d.hatena.ne.jp/blaze/20050606/p3
セットアップCDから起動してNTLDR、Ntdetect.com、Boot.iniをCドライブの直下にコピーする。

回復コンソールを使用し、システムを修復しましょう。
※以下microsftより転載。
方法 1 : 起動ディスクを使用してコンピュータを起動する
1.以下のファイルを含む Windows 2000 起動ディスクを作成します。
  • Ntldr
  • Ntdetect.com
  • Boot.ini
  • Ntbootdd.sys

起動ディスクの作成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

  • 301680 (http://support.microsoft.com/kb/301680/) [HOW TO] NTFS または FAT パーティション用の起動ディスクの作成方法
  • 101668 (http://support.microsoft.com/kb/101668/) Windows NT ブート ディスクを作成しブート障害に備える方法
 
2.Boot.ini ファイルを編集して、Windows のインストール環境に合うように、適切なハード ディスク コントローラとボリュームを指定します。

起動ディスクの作成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

  • 311578 (http://support.microsoft.com/kb/311578/) Windows 2000 の Boot.ini ファイルを編集する方法
 
3.起動ディスクをコンピュータのフロッピー ディスク ドライブに挿入して、コンピュータを再起動します。
4.Ntldr ファイル、Ntdetect.com ファイル、および Boot.ini ファイルを、起動ディスクからローカル ハード ディスクのシステム パーティションにコピーします。

方法 2 : 回復コンソールを使用する
1.Windows 2000 セットアップ ディスクを使用してコンピュータを再起動するか、Windows 2000 の CD-ROM を使用してコンピュータを再起動します。
2.[セットアップへようこそ] 画面で、R キーを押して Windows 2000 インストールの修復を行います。キーボードの種類を指定するよう求められたら、対応するキーを押し、Y キーを押して設定します。
3.C キーを押し、回復コンソールを使用して Windows 2000 インストールを修復します。
4.修復する Windows インストールに対応する番号を入力して、Enter キーを押します。たとえば、1 と入力し、Enter キーを押します。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

  • 229716 (http://support.microsoft.com/kb/229716/) Windows 2000 回復コンソールについて
 
5.管理者パスワードを入力し、Enter キーを押します。
6.map と入力し、Enter キーを押します。Windows 2000 の CD-ROM が挿入されている CD-ROM ドライブに割り当てられているドライブ文字をメモします。
7.以下のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押します。drive は、この資料の「方法 2 : 回復コンソールを使用する」の手順 4. で指定したドライブ文字です。
copy drive:\i386\ntldr c:\copy drive:\i386\ntdetect.com c:\
ファイルを上書きするかどうかを確認するプロンプトが表示された場合は、y と入力し、Enter キーを押します。

: これらのコマンドでは、ntldr と c:\ の間、および ntdetect.com と c:\ の間に空白が必要です。
8.次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

type c:\Boot.ini
以下のような一覧が表示されます。
[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT
[operating systems]

multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT=”Microsoft Windows 2000 Professional” /fastdetect

以下のメッセージが表示された場合は、Boot.ini ファイルが存在しないか破損している可能性があります。

指定されたファイルまたはディレクトリが見つかりません。
9.Boot.ini ファイルが存在しないか破損している場合は、以下の手順を実行して、新しいファイルを作成します。
a.メモ帳、Edit.com などのテキスト エディタを使用して、次のブート ローダー ファイルと同様のブート ローダー ファイルを作成します。
[boot loader]

timeout=30

default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT

[operating systems]

multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT=”Microsoft Windows 2000 Professional” /fastdetect

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

  • 102873 (http://support.microsoft.com/kb/102873/) [NT]BOOT.INI と ARC パスの名前付け規約と使用法
  • 301680 (http://support.microsoft.com/kb/301680/) [HOW TO] NTFS または FAT パーティション用の起動ディスクの作成方法
 
b. ファイルを、Boot.ini という名前でフロッピー ディスクに保存します。
: メモ帳を使用してファイルを作成した場合、Boot.ini ファイルの名前に .txt 拡張子が付いていないことを確認してください。
c. 回復コンソールのコマンド プロンプトで次のコマンドを入力して、Boot.ini ファイルをフロッピー ディスクからコンピュータにコピーします。
copy a:\Boot.ini c:\10.exit と入力し、Enter キーを押します。コンピュータが再起動します。

方法 3 : Windows 2000 の CD-ROM を使用する
1.コンピュータの CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに Windows 2000 の CD-ROM を挿入し、Windows 2000 セットアップを起動します。
2.[セットアップへようこそ] ページで R キーを押します。キーボードの種類を指定するよう求められたら、対応するキーを押し、Y キーを押して設定します。
3.[Windows 2000 修復オプション] ページで、R キーを押します。
4.修復オプションのいずれかを選択するように求めるメッセージが表示されたら、M キーを押します。
5.上方向キーを 2 回押して [Windows 2000 システム ファイルの確認] を選択し、Enter キーを押して選択を解除します。
6.下方向キーを押して [続行 (選択したタスクを実行)] を選択し、Enter キーを押します。以下のメッセージが表示されます。
修復する Windows 2000 インストールのためのシステム修復ディスクが必要です。
7.表示された内容に応じて、以下のいずれかの手順を実行します。
システム修復ディスクがある場合は、次の手順を実行します。
a. Enter キーを押します。
b. システム修復ディスクをコンピュータのフロッピー ディスク ドライブに挿入し、Enter キーを押します。
c. 手順に従ってインストールを修復し、コンピュータを再起動します。
またはシステム修復ディスクがない場合は、次の手順を実行します。
a. L キーを押します。次のようなメッセージが表示されます。
次のフォルダに Windows 2000 がインストールされています。
drive:\WINNT “Microsoft Windows 2000”
b. Enter キーを押します。
セットアップによりディスクが検査され、修復処理が完了します。

システム修復機能の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

  • 231777 (http://support.microsoft.com/kb/231777/) Windows 2000 でシステム修復ディスクを作成する方法

Windows 2000 を検出できない場合
Windows 2000 システム修復ディスクがなく、インストールされた Windows 2000 を検出できない場合は、以下の手順を実行します。
1.Windows 2000 セットアップを起動します。
2.[パーティションに Windows 2000 をインストールします] ページで、[現在のファイル システムをそのまま使用 (変更なし)] を選択し、Enter キーを押します。
3.Esc キーを押して新しいフォルダに Windows 2000 をインストールします。
4.[これらのファイルのコピー先のフォルダを選んでください] ボックスに \tempwin と入力し、Enter キーを押します。
セットアップにより、新しい Windows 2000 がインストールされます。
5.新しくインストールした Windows 2000 にログオンします。
6.[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
7.[名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
8.コマンド プロンプトで drive: と入力し、Enter キーを押します。drive はコンピュータのブート ドライブです。たとえば、c: と入力して Enter キーを押します。
9.attrib -h -r -s Boot.ini と入力し、Enter キーを押します。
10.edit Boot.ini と入力し、Enter キーを押します。
以下のような内容の Boot.ini ファイルが開きます。
[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\TEMPWIN
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\TEMPWIN=”Microsoft Windows 2000 Professional” /fastdetect
11.ファイル内の TEMPWIN をすべて WINNT に置き換えます。
編集後の Boot.ini ファイルの例を以下に示します。
[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT=”Microsoft Windows 2000 Professional” /fastdetect
12.Alt キーを押しながら F キーを押し、次に S キーを押します (Edit.com を使用した場合)。
13.Alt キーを押しながら F キーを押し、次に X キーを押します (Edit.com を使用した場合)。
14.コマンド プロンプトで attrib +h +r +s Boot.ini と入力し、Enter キーを押します。
15.exit と入力して、コマンド プロンプトを終了します。
16.コンピュータを再起動します。
17.[オペレーティング システムの選択] 画面で、方向キーを使用して [Microsoft Windows 2000] を選択し、Enter キーを押します。
18.エクスプローラを起動し、以下のフォルダに移動して、以下のファイルを削除します。
Tempwin
All Users.Tempwin

□Operating System not found
Operating System not foundは起動しようとしているデバイスからOperating Systemが見つからない時に表示されるメッセージです。
CDドライブやDVDドライブ、フロッピードライブに何も入っていない事を確認する。
あとはBIOSの設定でブートデバイス設定と起動ドライブの順番を確認しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る