centosへのWebanalizerの導入について

centosへのWebanalizerの導入について

squidのログをWebanalizerで解析することを目的にWebanalizerをソースからコンパイルしてインストールしました。

【ソースのダウンロードと解凍】

[root@俺の鯖~]# wget ftp://ftp.mrunix.net/pub/webalizer/webalizer-2.20-01-src.tgz
tar zxvf webalizer-2.20-01-src.tgz

【コンパイルとインストール】

[root@俺の鯖~]# cd webalizer-2.20-01
[root@俺の鯖~]# ./configure –with-language=japanese ←ここで日本語を指定します。
[root@俺の鯖~]# make
[root@俺の鯖~]# make install

【設定ファイルの編集】

インストールが終わったらWebanalizerの設定ファイルの編集をします。
(LogType squidを記入するところがポイント)

[root@俺の鯖~]# cp /usr/local/etc/webalizer.conf.sample /etc/webanalizer.conf
[root@俺の鯖~]# vi /etc/webanalizer.conf

# 最終行に以下追記
ReallyQuiet yes
LogFile /var/log/squid/access.log
OutputDir /home/httpd/html/webalizer
LogType squid
HistoryName /home/httpd/html/webalizer/webalizer.hist
Incremental yes
IncrementalName /home/httpd/html/webalizer/webalizer.current
HostName p-graphic.servebeer.com
PageType php

【webalizerの実行と自動化】

[root@俺の鯖~]# /usr/local/bin/webalizer -c /etc/webalizer.conf

を実行してOutputDirで指定したディレクトリにファイルができていることを確認する。
この実行をcrondを使って自動実行にする。
以下の内容を記述したwebanalizer.shというスクリプトファイルを作成する。

#!/bin/sh
/usr/local/bin/webalizer -c /etc/webalizer.conf

自動実行はcronで設定する。

[root@俺の鯖~]# crontab -e
# 以下を記述

#webanalizerの自動実行 毎時5分に設定
05 * * * * /root/script/webanalizer.sh

記述完了したらcrondを再起動する。

[root@俺の鯖~]# /etc/rc.d/init.d/crond restart

以上で設定は完了です。

関連記事

ピックアップ記事

mysqlのデータベースを自動でバックアップ

mysql自動バックアップ(エクスポート)設定

mysql自動バックアップ(エクスポート)設定 sourceforge.netというサイトでMySQLの自動バックアップスクリプト…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る