apacheのバーチャルホストの設定について

apacheのバーチャルホストの設定について

サブドメインを取得したときにhttpd.confに以下の記述をしてhttpdを再起動することでバーチャルホストの設定が反映されるようになります。
※サブドメインはDDNSサービスからもう一つ貰っていることが前提です。

【記述例】

apacheのhttpd.confに以下の記述をする。

#vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

<VirtualHost *:80>
ServerName sub-domain.p-graphic.servebeer.com
DocumentRoot /home/httpd/html/sub-domain
ServerAdmin sub-domain@p-graphic.servebeer.com
ErrorLog /var/log/httpd/sub-domain/error.log
TransferLog /var/log/httpd/sub-domain/access.log
</VirtualHost>

【ディレクティブ】

VirtualHost

「IPアドレス:ポート番号」を記述します。

IPベースでないのであれば「*:ポート番号」の記述で問題ないでしょう。

ServerName

取得したサブドメインを記述します。

DocumentRoot

ServerNameに記述されたドメインにアクセスされたときに参照されるルートディレクトリを記述します。

ServerAdmin

バーチャルホスト用のメールアドレスを記述します。

これを省略すると標準のアドレスが使われます。

ErrorLog

バーチャルホストにアクセスされたときに出力されるエラーログのパスを記述します。

これを省略すると標準で使われているエラーログにログが出力されます。(デフォルトだと/var/log/httpd/error_log)

TransferLog

バーチャルホストアクセスされたときに出力されるアクセスログの指定です。

これを省略すると標準で使われているエラーログにログが出力されます。(デフォルトだと/var/log/httpd/access_log)

【その他】

ネームベースのバーチャルホストを使用するときに必要になる記述

ServerAlias

ネームベースのバーチャルホストにおいて 使用するホストの別名を指定します。

ServerName

サーバが自分自身を示すホスト名とポートを設定します。

関連記事

ページ上部へ戻る