【meta】WEBページのリダイレクトについて【htaccess】

【meta】WEBページのリダイレクトについて【htaccess】

アクセスされたページから他のページへ飛ばすためにはmetaタグを利用する方法と、htaccessを利用する方法があります。

【metaタグを利用する方法】

ヘッダ(head)部分に下記の記述を施す。

<META HTTP-EQUIV=”refresh” content=”n;URL=リダイレクトさせたいページのURL”>

この記述をすることにより、その記述があるページにアクセスしたn秒後に”リダイレクトさせたいページのURL“へ飛ばすことが出来ます。

sample

<html>
<head>
<META HTTP-EQUIV=”refresh” content=”5;URL=http://mpweb.mobi/index.php”>
<title>リダイレクトページサンプル</title>
</head>
<body>
5秒後にTOPページにリダイレクトします。
</body>
</html>

【htaccessを利用する方法】

htaccessに下記の記述を施す。

Redirect permanent /リダイレクト前のページ リダイレクト後のページ

この記述をした.htaccessファイルをリダイレクト前のページのディレクトリに設置することにより、そのページにアクセスされたリダイレクト後のページに飛ばすことが出来ます。
sample

Redirect permanent /mpweb/complete/redirect/redirect1.php http://mpweb.mobi/redirect/redirect2.php

/mpweb/complete/redirect1.phpにアクセスするとhttp://mpweb.mobi/redirect2.phpに飛ばすことが出来ます。

【正規表現を使ったリダイレクト方法】

MovableTypeのphp化を施した場合など、ファイル名が「hogehoge.html」→「hogehoge.php」や、「hogehoge2.html」→「hogehoge2.php」など、拡張子だけ変更されたファイルへ転送しなければなりません。
各ファイルごとにmetaタグを挿入したり、一つ一つhtaccessに記述すれば構わないのですが、ファイルの量が膨大だとそれらの方法は現実的ではありません。
このようなケースの場合は正規表現を使ったhtaccessファイルを設置するのが現実的です。

sample

RedirectMatch permanent (.*)\.html http://mpweb.mobi/$1.php

この記述をしたhtaccessファイルを設置することにより、下記の通り「それぞれのファイル名.html」にアクセスしてきたキューを「それぞれのファイル名.php」に飛ばすことが出来ます。

  • 「/mpweb/hogehoge.html」→「http://mpweb.mobi/hogehoge.php」
  • 「/mpweb/hogehoge2.html」→「http://mpweb.mobi/hogehoge2.php」
  • 「/mpweb/hogehoge3.html」→「http://mpweb.mobi/hogehoge3.php」

※htaccessは設置した階層から下の階層全てに適応されます。

関連記事

ピックアップ記事

thunderbirdのプロファイルの変更・バックアップ・復元方法

thunderbirdのプロファイルの変更方法

thunderbirdのプロファイルの変更方法 Thunderbirdでは"C:\Documents and Settings\ユーザ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る