mysql自動バックアップ(エクスポート)設定

mysqlのデータベースを自動でバックアップ

mysql自動バックアップ(エクスポート)設定

sourceforge.netというサイトでMySQLの自動バックアップスクリプトがダウンロードできます。
今回はそのスクリプトを使わせてもらいました。

【ソースのダウンロード】

sourceforge.netさんから今回使用させてもらう自動バックアップスクリプトをダウンロードします。

# wget http://downloads.sourceforge.net/automysqlbackup/automysqlbackup.sh.2.5?modtime=1140013214&big_mirror=0

【スクリプトの設定(編集)】

# vi automysqlbackup.sh.2.5

落としてきたmysql自動バックアップスクリプトを編集する。
編集した個所は以下。

# Username to access the MySQL server e.g. dbuser
USERNAME=root
# Username to access the MySQL server e.g. password
PASSWORD=rootのパスワード
# Host name (or IP address) of MySQL server e.g localhost
DBHOST=localhost
# List of DBNAMES for Daily/Weekly Backup e.g. “DB1 DB2 DB3”
#”all”ですべてのデータベースのバックアップを指定。
DBNAMES=”all”
# Backup directory location e.g /backups
#バックアップ先ディレクトリの指定。
BACKUPDIR=”/mnt/bkup/mysql”

下記は自動バックアップの設定です。

#339行目(PATH=/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/local/mysql/binの下)に以下を追記
mkdir /mnt/bkup/mysql

#以下を最後尾に追記しました。
#backupファイルをアーカイブして元のファイルを削除する。
tar czf /mnt/bkup/mysql.tar.gz /mnt/bkup/mysql/
rm -rf /mnt/bkup/mysql

設定が終わったらスクリプトに実行権限を与えましょう。

# chmod 700 automysqlbackup.sh.2.5

【自動化の設定】

# crontab -e

cronを編集して以下を追記。

#mysqlバックアップ 月、水、金曜日2時35分
35 2 * * 2,4,6 /root/script/bkup/automysqlbackup.sh.2.5

cronの編集が終わったら必ずcrondを再起動しましょう。
# /etc/rc.d/init.d/crond restart

以上で設定は完了です。

関連記事

ページ上部へ戻る