自宅サーバ(CentOS)へのMt4iの導入について

Movabletype

MT4iの導入

movavle typeの記事を携帯電話からも閲覧できるようにmt4iを導入します。

【検索ワード】

movable type 携帯 i-mode

【MT4iのダウンロード】

mt.cgiと同じ階層でwgetでMT4iを拾ってきて解凍
最新版はmt4iのwikiで確認してください。(20071026現在の最新verは2.25)

[root@localhost ~]# cd mt.cgiがある階層
[root@localhost ~]# wget http://www.hazama.nu/pukiwiki/index.php?plugin=attach&refer=MT4i%2F2.2&openfile=mt4i225.zip
[root@localhost ~]# unzip mt4i225.zip

【MT4iの設定】

  • 1- mt4i.cgiとmt4imgr.cgiのPerlパスを確認
  • 2- mt4imgr.cgiの9行目のmy [root@localhost ~]# password =を自分のパスワードに変更
  • 3-mt4imgr.cgiとmt4i.cgiに実行権を与える
  • [root@localhost ~]# chmod +x mt4imgr.cgi
    [root@localhost ~]# chmod +x mt4i.cgi
  • 4- mt4imgr.cgiにブラウザからアクセスしてログイン、設定を適当にして保存
  • ※このとき保存をかけるとエラーが出る場合はmt.cgiが入ってるディレクトリに書き込み権限を(chmod +w)

    [root@localhost ~]# chmod +w ../MTのディレクトリ
  • 5- mt4i.cgiにアクセスして動作確認

関連記事

ページ上部へ戻る