MovableTypeトラックバックスパム回避策

MovableTypeトラックバックスパム回避策

最近スクリプトを使った迷惑トラックバック(スパムトラックバック)が増えてきたのでmt-tb.cgiをリネームすることで対応しました。

mt-tb.cgiのリネーム

MovableType既定のトラックバックを投稿するときにアクセスするmt-comment.cgiの名前を変更する。
こうすることでトラックバックスパムを仕掛けてくるアクセス元にに404エラーを返すことが出来る。

変更例)

mt-tb.cgi
↓ファイル名を以下に変更
trackback.cgi

mt-cnfig.cgiの設定

ファイル名を変えた後、mt-config.cgiの設定を施すことでシステムにリネーム後のmt-comment.cgiを認識させることが出来ます。
この設定を忘れるとトラックバックが投稿できなくなりますので、必ず忘れないようにしてください。

mt-cnfig.cgiに以下の設定を施す。

記述場所を抜粋してます。
記述場所はmt-cnfig.cgiの中であればどこでもいいのですが、今回は以下の場所に記述しました。

## Information on all others can be found at:                 ##
## http://www.sixapart.jp/movabletype/manual/3.3/config
################################################################
##################### REQUIRED SETTINGS ########################
################################################################
DeleteFilesAtRebuild 1
TrackbackScript trackback.cgi   ←ここに記述
# The CGIPath is the URL to your Movable Type directory
CGIPath    http://p-graphic.servebeer.com/blog/
# The StaticWebPath is the URL to your mt-static directory

すでにTrackbackScriptの記述がある場合はその値を修正してください。

サイトの再構築

設定が完了したらサイトの再構築を忘れずに行ってください。

流れとしては

  • ①mt-tb.cgiのファイル名の変更
  • ②mt-cnfig.cgiで名称変更したmt-tb.cgiの設定
  • ③サイトの再構築

関連記事

ピックアップ記事

mysqlのデータベースを自動でバックアップ

mysql自動バックアップ(エクスポート)設定

mysql自動バックアップ(エクスポート)設定 sourceforge.netというサイトでMySQLの自動バックアップスクリプト…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る