MovableTypeのファイルアップロード制限について

MovableTypeのファイルアップロード制限について

MovableTypeのファイルアップロード機能は、アップロードするファイルサイズの制限が規定値だと20MByteになっています。
もっと大きなサイズのファイルをアップロードしたい場合や、制限をかけてトラフィックを抑えたい場合にはmt-config.cgiに設定を施すことで対応することが出来ます。

制限を越えたファイルサイズのものを上げたときのエラー

エラーが発生しました。
アップロードしたファイルは大きすぎます。

mt-cnfig.cgiの設定

規定値は20MByteに設定されています。

mt-cnfig.cgiに以下の設定を施す。

記述場所を抜粋してます。
記述場所はmt-cnfig.cgiの中であればどこでもいいのですが、今回は以下の場所に記述しました。

## Information on all others can be found at:                 ##
## http://www.sixapart.jp/movabletype/manual/3.3/config
################################################################
##################### REQUIRED SETTINGS ########################
################################################################
DeleteFilesAtRebuild 1
AutoSaveFrequency 0
CGIMaxUpload 102400000   ←ここに記述
# The CGIPath is the URL to your Movable Type directory
CGIPath    http://p-graphic.servebeer.com/blog/
# The StaticWebPath is the URL to your mt-static directory

上記の例だと100MByteまでのファイルをアップロードすることが出来るようになります。
「102400000」の数字のところをを変更すれば、アップロードのファイルサイズ制限を調整することができます。

関連記事

ページ上部へ戻る