MovableTypeコメントスパム回避策

MovableType コメントスパム回避策

最近スクリプトを使った迷惑コメント(スパムコメント)が増えてきたのでmt-comment.cgiをリネームすることで対応しました。

mt-comment.cgiのリネーム

MovableType既定のコメントを投稿するときにアクセスするmt-comment.cgiの名前を変更する。
こうすることでコメントスパムスを仕掛けてくるアクセス元にに404エラーを返すことが出来る。

変更例)


mt-comment.cgi
↓ファイル名を以下に変更
mt-comment2.cgi

mt-cnfig.cgiの設定

ファイル名を変えた後、mt-config.cgiの設定を施すことでシステムにリネーム後のmt-comment.cgiを認識させることが出来ます。
この設定を忘れるとコメントが投稿できなくなりますので、必ず忘れないようにしてください。

mt-cnfig.cgiに以下の設定を施す。

記述場所を抜粋してます。
記述場所はmt-cnfig.cgiの中であればどこでもいいのですが、今回は以下の場所に記述しました。

## Information on all others can be found at:                 ##
## http://www.sixapart.jp/movabletype/manual/3.3/config
################################################################
##################### REQUIRED SETTINGS ########################
################################################################
DeleteFilesAtRebuild 1
AutoSaveFrequency 0
CommentScript mt-comment2.cgi   ←ここに記述
# The CGIPath is the URL to your Movable Type directory
CGIPath    http://p-graphic.servebeer.com/blog/
# The StaticWebPath is the URL to your mt-static directory

すでにCommentScriptの記述がある場合はその値を修正してください。

サイトの再構築

設定が完了したらサイトの再構築を忘れずに行ってください。

流れとしては

  • ①mt-comment.cgiのファイル名の変更
  • ②mt-cnfig.cgiで名称変更したmt-comment.cgiの設定
  • ③サイトの再構築

関連記事

ピックアップ記事

thunderbirdのプロファイルの変更・バックアップ・復元方法

thunderbirdのプロファイルの変更方法

thunderbirdのプロファイルの変更方法 Thunderbirdでは"C:\Documents and Settings\ユーザ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る